会則

岡山県立津山高等学校関東同窓会会則

(総則)
第1条 本会は、岡山県立津山高等学校関東同窓会と称する。

第2条 本会は、事務所を東京都内におく。

第3条 本会は、会員相互の親睦を図り、母校の発展に助力することを目的とする。

第4条 本会は、その目的を達成するために、次の事業を行う。
1. 総会・懇親会の開催。
2. 会報誌「津山高校関東同窓会だより」の発行。
3. その他本会の目的達成に必要な事項。

(会員)
第5条 本会は、次の各号の者を会員として組織する。
1. 関東地域在住者で、岡山県立津山中学校・同津山高等女学校・同津山成美高等学校・同津山高等学校の各学校を卒業した者、及び各学校に1年以上在籍し本会に入会を希望する者。
2. 関東以外の地域の在住者で、岡山県立津山中学校・同津山高等女学校・同津山成美高等学校・同津山高等学校の各学校に1年以上在籍し本会に入会を希望する者。

第6条 本会の会員は、所定の会費(2,000円)を納入するものとする。

第7条 本会の事業を妨げ、または本会の名誉を汚すような行為をした者は、役員会の決議によって除名することができる。

(役員・委員)
第8条 本会には、次の役員及び常任委員をおく。
1. 役員
会長 1名    副会長 5名以内    事務局長 1名    監事 2名
2. 常任委員
原則として各期男女各1名ずつ

第9条 会長は役員会が推薦し、総会の承認を経るものとする。

第10条 副会長・事務局長及び監事は会長が任命し、総会の承認を経るものとする。

第11条 会長は本会を代表し、会務を統括する。副会長は会長を補佐し、会長に事故があるときは、副会長の内の1名がこれを代行する。会長業務を代行する副会長の選出は、副会長間の互選によるものとする。事務局長は、本会の事務全般を統括する。監事は、本会の資産の状況・役員会の業務執行状況を監査する。

第12条 常任委員は、原則として各期で選出するものとする。

第13条 会長は、必要に応じて若干名の総務担当委員を任命することができる。総務担当委員は事務局に所属し、庶務・会計等の業務を担当する。

第14条 役員・常任委員及び総務担当委員の任期は2年とする。ただし、重任を妨げない。

(会議)
第15条 本会の会議は、総会、役員会、拡大役員会及び常任委員会とする。

第16条 総会は年1回の通常総会と臨時総会とし、臨時総会は必要に応じて開く。

第17条 総会は会長が招集し、決議は出席者の過半数の同意によるものとする。

第18条 総会は次の事項を承認または決議する。
1. 事業計画及び収支予算の決議に関する事項。
2. 前年度の事業報告及び収支決算の承認に関する事項。
3. 会則の変更に関する事項。
4. 役員の選任に関する事項。
5. その他役員会で必要と認めた事項。

第19条 役員会は、役員により構成され、必要に応じて会長が招集する。

第20条 拡大役員会は、役員・総務担当委員及び当該年度総会開催担当期幹事により構成され、必要に応じて会長が招集する。

第21条 常任委員会は、役員・総務担当委員及び常任委員により構成され、必要に応じて会長が招集する。

(会計)
第22条 本会の経費は、会費・寄付金及びその他の収入をもってあてる。

第23条 本会の会計年度は4月1日より始まり、翌年3月31日に終わる。

(改正)
第24条 本会則の改正は、総会の決議により行う。

(付則)
(1)本会則は1958年5月26日より施行する。
(2)本会則は2008年6月14日より施行する。
(3)本会則は2010年9月11日より施行する。
(4)本会則は2012年9月29日より施行する。
(5)本会則は2016年9月24日より施行する。
(6)本会の事務局は、当面、東京都豊島区池袋2-57-2ボイスインターナショナル(株)内におく。